2012年06月29日

【厚生労働省】医師など人数の精神科特例、見直しへ 支援体制充実狙う

 厚生労働省は28日、特例的に少ない人数が認められている精神科病院の医師や看護職員の体制について、ほかの診療科並みに手厚くする方針を決めた。地域社会に戻るための支援体制を充実させる取り組みの一環だ。

 患者48人につき医師1人だった基準を、入院後3カ月未満に限り、16人に1人に改める。早期の治療を充実させ、重症患者を除いて1年以内の退院をめざす。

 入院後3カ月未満については医師のほか、看護職員も患者4人に1人だったのを3人に1人に増やす。

 3カ月以上1年未満については、医師は現状を維持する。看護職員は作業療法士らを含めて3人に1人に増やす。

 また、保護者の同意があれば本人の同意がなくても入院させることができる医療保護入院制度について、保護者の同意を不要にする方針。同意のために入退院が遅れたり、本人と家族の関係が悪化したりする懸念があるためで、本人の権利を守るための代弁者を選ぶ仕組みをつくる。

 厚労省によると、精神科の入院患者は1年以内が約10万人、1年以上の長期が約20万人。地域での訪問支援
など社会の受け皿づくりも進めており、病院側の制度を改めて新たな患者の入院が長期化するのを防ぐ。


参考:2012年6月29日
朝日新聞デジタル:医師など人数の精神科特例、見直しへ 支援体制充実狙う - 社会
http://www.asahi.com/national/update/0629/TKY201206290207.html




医師求人転職ドクタービジョン

転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!


常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しならドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。

ドクタービジョン公式twitter
http://twitter.com/doctor_vision

ドクタービジョンFacebookページ
http://www.facebook.com/pages/Doctor-Vision/129887089618

ドクタービジョン医師 求人・ニュースtumblr
http://doctor-vision.tumblr.com/


posted by 医師の求人転職コンサルタント at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【節電の夏に】253医療機関 停電対象外

 夏に電力不足で計画停電が実施される場合、重篤な患者の受け入れや救急搬送などに対応するために停電対象から除外する医療機関を、厚生労働省が発表した。道内では、大学病院や災害拠点病院など253施設がリストアップされた。

■道庁と9病院に相談窓口


 対象は救命救急センターや周産期母子医療センターなどの基幹病院。具体的な医療機関名は厚労省のウェブサイト(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002doat.html)で確認できる。

 一方、道地域保健課によると、道内で人工呼吸器を使う在宅患者は820人いる。たん吸引器を使う患者も多く、計画停電に備えた予備電源の確保が課題だ。厚労省は、内蔵バッテリーの有無や持続時間、作動の確認や外部バッテリーの準備・充電をしっかりするよう呼びかけている。

 計画停電に関する相談窓口は、道庁(011-231-4111)の医療薬務課、地域保健課感染症・特定疾患グループのほか、9病院が設ける。病院名は次の通り。▽札幌市=国立病院機構北海道医療センター、札幌社会保険総合病院、北海道社会保険病院▽函館市=国立病院機構函館病院▽帯広市=同帯広病院▽登別市=登別厚生年金病院▽岩見沢市=北海道中央労災病院▽美唄市=同病院・せき損センター▽釧路市=釧路労災病院

■商店街や漁協の節電対策を紹介――地域電力需要連絡会

 行政と業界団体が今夏の節電対策を話し合う「地域電力需給連絡会」が28日、札幌市内で開かれ、北海道経済産業局や道、札幌市、北海道電力のほか、小売業や生産者団体など計約30機関が出席した。5月の初会合に続く2回目の開催で、各団体に所属する企業などによる具体的な節電の取り組みが紹介された。

 連絡会では、道商店街振興組合連合会が商店街でまとまって照明のLED化を図った取り組みや、道漁業協同組合連合会が工場の空調設備を電気ヒートポンプからガスへの切り替えを進めている事例を紹介した。道信用金庫協会は、午後4時までの営業時間を、夏の間は同3時までとする店舗について説明した。

 また、節電に関する課題として、「操業時間をずらすと納期に影響してくる」「節電のための機器を導入したいが費用がかさむ」といった声が出た。

■北電HPでんき予報 新たに週間需要掲載

 北海道電力は、29日から同社ホームページの「でんき予報」の内容を充実させる。新たに月〜金曜の電力需給の週間予報を掲載するほか、需要に対する供給余力を示す指標として、ピーク時の供給予備率(%)を表示する。ピーク時供給力のうち、火力、水力など発電種別の内訳も示す。

 電力使用状況のグラフには、当日の実績に加え、終日の予想電力も表示。2010年夏に最大電力を記録した8月31日のグラフを加え、当日と比較できるようにする。


参考:2012年6月29日
朝日新聞デジタル:253医療機関 停電対象外-マイタウン北海道
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01001091206290001



医師求人転職ドクタービジョン

転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!


常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しならドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。

ドクタービジョン公式twitter
http://twitter.com/doctor_vision

ドクタービジョンFacebookページ
http://www.facebook.com/pages/Doctor-Vision/129887089618

ドクタービジョン医師 求人・ニュースtumblr
http://doctor-vision.tumblr.com/


posted by 医師の求人転職コンサルタント at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

【京都府】透析の計画停電除外要望 関電に医師団体

 府は27日、府医師会や難病患者団体などと、今夏の電力逼迫(ひっぱく)時に実施される計画停電への対応を話し合う会議を開いた。席上、関電京都支店は、計画停電への理解と協力を求めたが、透析患者の治療にあたる医師の団体からは、停電への不安を訴える声が上がった。

 会議は上京区のホテルであり、計30団体が出席した。7月2日から9月7日の節電要請期間中の計画停電のスケジュールや方法について、関電京都支店が説明。府は、府内173病院のうち、京都第一赤十字病院(東山区)や府立洛南病院(宇治市)、舞鶴市民病院(舞鶴市)など計111病院で、計画停電時でも通電する緩和措置が取られることを報告した。

 しかし、京都透析医会の担当者は、京都市内で最も通院患者が多いという、自らが運営する4施設について、計画停電が実施されれば、2施設で通電が止まる現状を説明。「(透析患者の通う)ほかの病院からも『もう一度話を聞いてもらおう』という声が上がっており、ぜひ緩和措置をお願いしたい」と要望したが、同支店は「緩和対象は国が決めており、電力会社が個別に入れる、外すということはできない」と理解を求めるにとどまった。

 また、関電からの計画停電の予告が、実施前日の夕方になることについて、府医師会の担当者は「患者に周知することは不可能だ。患者を他の医療機関に移すこともできない」と訴え、「透析が続く中、現場の人がスイッチを切ることはないですよね」と詰め寄った。しかし、関電京都支店は、「言いづらいが、計画停電の運用は、決められた線を決められた時間に切る作業を行うものだ」と答えただけだった。

 京都透析医会の担当者は終了後、「すでに公表されているスケジュールから、計画停電の時間帯を外れるよう、患者を誘導するしかない」と話していた。


参考:2012年6月28日
透析の計画停電除外要望 関電に医師団体 : 京都 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kyoto/news/20120627-OYT8T01590.htm


医師求人転職ドクタービジョン

転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!


常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しならドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。

ドクタービジョン公式twitter
http://twitter.com/doctor_vision

ドクタービジョンFacebookページ
http://www.facebook.com/pages/Doctor-Vision/129887089618

ドクタービジョン医師 求人・ニュースtumblr
http://doctor-vision.tumblr.com/

posted by 医師の求人転職コンサルタント at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 近畿地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【島根県】救急部医師1人に・・・松江赤十字病院

 松江赤十字病院は27日、救急医療を担当する救急部の医師が、来月1日から1人になると発表した。これまで2人態勢を続けてきたが、うち女性医師1人が今月末で退職。後任の医師が配属される見通しは立っていないという。秦公平院長は「松江市の医療にとって危機的状況」として、他の病院にも医師の派遣を呼びかけている。

 同病院は2004年4月、救命救急センターを開設。センターで救急患者の診療を担当する同部にはピーク時、医師が6人いたが、徐々に減少。女性医師は実家の開業医を継ぐために退職するといい、同部の医師は佐藤真也救急部長1人となる。

 同病院は島根大医学部などに医師の派遣を求めたが、今のところ後任は見つかっていない。しばらくは、研修医に加え、他の部の医師1人が応援に入る。

 秦院長はこの日、病院で記者会見。今月15日に新病院がオープンし、救急患者を短時間で運べるヘリポートの運用が18日に始まったばかりだが、「何とか重症者は引き受けたいが、人手が足りない場合は転院搬送する可能性もある」と話した。また、医師が乗り込んで車内でも医療行為をする救急車「ドクターカー」も「佐藤部長がいなくなると立ち行かなくなるかも」と述べた。

 秦院長は今後、救急部の負担を減らすため、休日・夜間に受診を希望する患者向けに休日診療所の開設などを医師会に要請する。


参考:2012年6月28日
救急部医師1人に・・・松江赤十字病院 : 島根 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/news/20120627-OYT8T01196.htm


医師求人転職ドクタービジョン

転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!


常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しならドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。

ドクタービジョン公式twitter
http://twitter.com/doctor_vision

ドクタービジョンFacebookページ
http://www.facebook.com/pages/Doctor-Vision/129887089618

ドクタービジョン医師 求人・ニュースtumblr
http://doctor-vision.tumblr.com/

posted by 医師の求人転職コンサルタント at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 中国地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

CT画像などで遠隔診断…鹿児島にセンター開所

 離島などの医療機関から送られたCT(コンピューター断層撮影法)画像などで、遠隔診断を行う鹿児島県医師会(池田琢哉会長)の「かごしま救急医療遠隔画像診断センター」の開所式が26日、鹿児島市中央町で行われた。国内外の放射線専門医が24時間体制で画像診断にあたる。

 遠隔診断は、重篤患者を受け入れた医療機関が、患者のCT画像や磁気共鳴画像(MRI)などを送信。センターと連携する専門医が画像を見て、診断結果や治療法の助言を電話などで伝える。画像受信から回答までに要する時間は30分以内だという。

 約1億4,000万円をかけてシステムを構築。現在、西之表市の田上病院など四つの医療機関が登録している。センターと連携する専門医は約10人で、夜間帯はアメリカ在住の日本人医師が対応する。すでに4月9日から運用を始め、脳出血や脳梗塞など12件の診断依頼があったという。

 県医師会によると、人口10万人あたりの放射線科医は、全国平均4.17人に対して県内は2.78人にとどまる。約9割が鹿児島市に集中しており、離島を中心に放射線科医は不足しているという。

 池田会長は「放射線科医の助言は、現場の医師にとって力強い支援になる。将来的にはすべての医療機関に参加してほしい」と話していた。


参考:2012年6月27日
CT画像などで遠隔診断…鹿児島にセンター開所
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60876


医師求人転職ドクタービジョン

転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!


常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しならドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。

ドクタービジョン公式twitter
http://twitter.com/doctor_vision

ドクタービジョンFacebookページ
http://www.facebook.com/pages/Doctor-Vision/129887089618

ドクタービジョン医師 求人・ニュースtumblr
http://doctor-vision.tumblr.com/


posted by 医師の求人転職コンサルタント at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。