2013年10月24日

<医師おすすめニュース>厚労省:業者が医師に紹介「患者ビジネス」禁止へ

 厚生労働省は23日、中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)の総会を開き、民間業者が患者を医師に紹介して仲介代金を取る「患者紹介ビジネス」を禁止する案を示した。省令を改正し、医療機関の紹介料支払いを禁ずる方針だ。

 紹介ビジネスは、業者が有料老人ホームなど高齢者施設の患者を医師にあっせんする手法。施設を訪問診療した医師が診療報酬から業者へ紹介料を支払うケースもあるという。厚労省は、全国で少なくとも20施設がかかわっていたとの調査結果を公表した。(共同)

参考:2013年10月24日
厚労省:業者が医師に紹介「患者ビジネス」禁止へ− 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20131024k0000m040066000c.html





医師求人転職ドクタービジョン
転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!

常勤 全国の「女性医師にオススメ」医師求人特集を公開しました!
常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開しました!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開しました!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開しました!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しなら
ドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。

posted by 医師の求人転職コンサルタント at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

【医師おすすめニュース】医師らが遺伝子検査のデータベース作成 NHKニュース

特定の遺伝子の変異が発症の原因とされる乳がんや卵巣がんについて、全国の専門の医師らおよそ130人が研究グループを発足し、患者らの遺伝子検査のデータベースを作って、遺伝子に変異がある場合のがんの発症率などの解明を目指すことになりました。

国内で年間6万人が発症する乳がんの5%から10%や、年間7,000人が発症する卵巣がんの10%から40%は、「BRCA1」か「BRCA2」という特定の遺伝子の変異が原因とされています。
遺伝子の変異は、血液を分析すれば分かりますが、検査ができる病院が限られていることなどから検査は広がっておらず、遺伝子に変異がある場合、どれくらいの割合でがんを発症するかなど実態はほとんど分かっていません。

このため全国の乳がんや卵巣がん、それに遺伝子研究の専門の医師らおよそ130人が、研究グループを発足し、患者やその家族の遺伝子検査のデータベースを作って、実態の解明を進めることになりました。
グループでは、承諾が得られたデータについて先月から登録を始めていて、1,000人分のデータを集めて分析を行い、こうしたがんを早期発見するための検診方法などの開発を目指すことにしています。

グループの代表で昭和大学医学部の中村清吾教授は「これまでは海外で報告されたデータを国内に当てはめていたが、日本人のデータを集めることで日本人が遺伝性のがんになる危険性について明らかにしたい」と話しています。


参考:2013年10月6日
医師らが遺伝子検査のデータベース作成 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131006/k10015070521000.html




医師求人転職ドクタービジョン
転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!

常勤 全国の「女性医師にオススメ」医師求人特集を公開しました!
常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開しました!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開しました!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開しました!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しなら
ドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。

posted by 医師の求人転職コンサルタント at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。