2013年07月24日

【医師おすすめニュース】ソニー、内視鏡用装着型モニター発売 映像技術、医療分野で応用

ソニーは23日、外科用内視鏡で撮影した3D(3次元)映像を頭部に装着したディスプレイに表示する「ヘッドマウントモニター」のセットを8月から発売すると発表した。医師は手術室に置かれたモニターを見ながらではなく、自由な姿勢で作業できる。ソニーはテレビなどが苦戦する中、成長分野である医療事業を強化しており、得意とする映像技術を売りにした商品で販売拡大を目指す。

 ヘッドマウントモニターは左目用と右目用の2枚の有機ELパネルを内蔵、高精細で奥行きのある3D映像を見ることができる。形状は目の周囲を完全に覆うのではなく、下部に隙間を設けることで、医師が患者を見たり、器具の受け取りなどをしやすいようにした。2D映像にも対応する。

 想定価格は150万円前後。頭部に装着できるモニターを発売しているのはソニーだけで、年間販売目標は1,000セットを目指す。

 外科用内視鏡は、開腹せずに体に穴を開けて内視鏡を入れ、手術器具で処置するもの。患者への負担が軽く、医療機関も入院期間を短くできるメリットがあり、市場が拡大している。特に、奥行きのある映像で血管や神経などを見られる3Dのニーズは根強く、オリンパスや独ストルツなどの内視鏡メーカーが3D内視鏡の投入を相次ぐ。

 ソニーによると、外科用内視鏡市場は2015年には11年の約2倍の2万2425台に達する見込みで、「うち2割ぐらいが3Dになる」(津末陽一メディカル・ソリューション事業部長)。

 すでにソニーは3D対応の液晶モニターなどを発売しており、今回、ラインナップを拡充して需要を取り込む考えだ。

 ソニーはテレビ事業などの不振が続く中、医療事業の売上高を20年に2,000億円以上に引き上げる目標だ。モニターなどの周辺機器の販売に加え、今年4月にオリンパスと合弁会社を設立し、高精細の映像技術「4K」を用いた新たな外科用内視鏡の開発なども進めている。

参考:2013年7月24日
ソニー、内視鏡用装着型モニター発売 映像技術、医療分野で応用 - SankeiBiz(サンケイビズ)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130724/bsc1307240700005-n1.htm





医師求人転職ドクタービジョン
転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!

常勤 全国の「女性医師にオススメ」医師求人特集を公開しました!
常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開しました!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開しました!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開しました!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しなら
ドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。
posted by 医師の求人転職コンサルタント at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370112521
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。