2013年08月23日

<医師おすすめニュース>給食アレルギーで医師直通電話 - NHKニュース

東京・調布市の小学校で、食物アレルギーのある子どもが、給食を食べたあとにショック症状を起こし死亡した事故を受けて、調布市などと地元の病院は、学校などで子どもに同じような症状が出た場合に速やかな対応をするため、医師と直接やりとりできるホットラインを設ける覚書を取り交わしました。

東京・調布市の富士見台小学校では、去年12月、乳製品にアレルギーのある5年生の女子児童が、給食でチーズの入ったチヂミを食べたあとにショック症状を起こして死亡しました。

この事故を受けて、調布市と隣の狛江市は、同じような事故が起きた場合、速やかに対応するため、医師と直接やり取りできるホットラインを設ける覚書を、20日、地元の東京慈恵会医科大学附属第三病院と取り交わしました。
ホットラインは、病院の医師が持つ専用のPHSと結んで設けられ、小中学校や保育園で、子どもに食物アレルギーによるショック症状などが出た場合は、PHSに連絡し、取るべき対応について指示を仰いだうえで、必要であれば救急搬送の受け入れを要請することができます。
調布市と狛江市の小中学校など合わせて231の施設で利用することができ、来月2日から運用が始まることになっています。

調布市の長友貴樹市長は、「このホットラインに加えて、学校側とも連絡を密に取りながら、万全の対策を取っていきたい」と話しています。

参考:2013/8/23 給食アレルギーで医師直通電話 NHKニュース
http://www.jikei.ac.jp/hospital/daisan/





医師求人転職ドクタービジョン
転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!

常勤 全国の「女性医師にオススメ」医師求人特集を公開しました!
常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開しました!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開しました!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開しました!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しなら
ドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。
posted by 医師の求人転職コンサルタント at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/372739589
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。