2013年07月24日

【医師おすすめニュース】ソニー、内視鏡用装着型モニター発売 映像技術、医療分野で応用

ソニーは23日、外科用内視鏡で撮影した3D(3次元)映像を頭部に装着したディスプレイに表示する「ヘッドマウントモニター」のセットを8月から発売すると発表した。医師は手術室に置かれたモニターを見ながらではなく、自由な姿勢で作業できる。ソニーはテレビなどが苦戦する中、成長分野である医療事業を強化しており、得意とする映像技術を売りにした商品で販売拡大を目指す。

 ヘッドマウントモニターは左目用と右目用の2枚の有機ELパネルを内蔵、高精細で奥行きのある3D映像を見ることができる。形状は目の周囲を完全に覆うのではなく、下部に隙間を設けることで、医師が患者を見たり、器具の受け取りなどをしやすいようにした。2D映像にも対応する。

 想定価格は150万円前後。頭部に装着できるモニターを発売しているのはソニーだけで、年間販売目標は1,000セットを目指す。

 外科用内視鏡は、開腹せずに体に穴を開けて内視鏡を入れ、手術器具で処置するもの。患者への負担が軽く、医療機関も入院期間を短くできるメリットがあり、市場が拡大している。特に、奥行きのある映像で血管や神経などを見られる3Dのニーズは根強く、オリンパスや独ストルツなどの内視鏡メーカーが3D内視鏡の投入を相次ぐ。

 ソニーによると、外科用内視鏡市場は2015年には11年の約2倍の2万2425台に達する見込みで、「うち2割ぐらいが3Dになる」(津末陽一メディカル・ソリューション事業部長)。

 すでにソニーは3D対応の液晶モニターなどを発売しており、今回、ラインナップを拡充して需要を取り込む考えだ。

 ソニーはテレビ事業などの不振が続く中、医療事業の売上高を20年に2,000億円以上に引き上げる目標だ。モニターなどの周辺機器の販売に加え、今年4月にオリンパスと合弁会社を設立し、高精細の映像技術「4K」を用いた新たな外科用内視鏡の開発なども進めている。

参考:2013年7月24日
ソニー、内視鏡用装着型モニター発売 映像技術、医療分野で応用 - SankeiBiz(サンケイビズ)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130724/bsc1307240700005-n1.htm





医師求人転職ドクタービジョン
転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!

常勤 全国の「女性医師にオススメ」医師求人特集を公開しました!
常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開しました!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開しました!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開しました!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しなら
ドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。
posted by 医師の求人転職コンサルタント at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

【静岡県】市内研修医、交流会で歓迎 浜松市医師会が初の試み

 浜松市医師会(滝浪実会長)は27日、市内の病院に勤務する研修医や若手医師を招待して交流会を同市内で開く。研修期間終了後も同市に残ってもらおうと、医師会員が地域ぐるみで歓迎の意を示す。同会が交流会を開くのは初めて。医師の県外流出を防ぐ妙案になるか、注目される。

 交流会はセミナーと納涼会の2本建て。浜松医療センターの矢野邦夫副院長が「感染対策の重要ポイント」と題して講演した後、納涼会が行われる。主な研修先の各病院長を含む、医師会員約920人に参加を呼び掛けている。「研修医一人一人に、地域で応援しているというメッセージを伝えたい」と滝浪会長は言葉に力を込める。
 同じ市内に勤務する研修医同士でも、病院が異なるとつながりは希薄なのが現状。交流会で横の連携を強め、浜松の仲間に愛着を感じてもらおうという狙いもある。

 滝浪会長は「浜松だけでなく周辺地域のためにもなる」とし、今後も継続的に対策を講じる考えだ。
 県地域医療課によると、今年4月から医療機関で前期臨床研修を始めた研修医の数は、全国平均が人口10万人あたり6.2人に対し、本県は4.5人で47都道府県中42番目。そもそも研修医の数自体が少ない。さらに同課は「専門医の資格を取得すると、公私ともに環境のいい場所に移ってしまう傾向がある」と定着の難しさを指摘し、対策の必要性を認めている。

 医師の県内定着策
 県は、専門医資格の取得を目指す研修医に対し、県内で経験を積んでもらおうと2010年度から、県専門医研修ネットワークプログラムを実施している。県内の複数の病院が連携して小児科、麻酔科など53プログラムを展開している。今年6月時点の参加者は58人。浜松医大出身者と県外大学出身者が半分ずつを占めるという。プログラム終了者が増える15年度以降には、プログラムの効果による医師の定着度と課題を確認する方針だ。

参考:2013年7月23日
市内研修医、交流会で歓迎 浜松市医師会が初の試み | 静岡新聞
http://www.at-s.com/news/detail/725273780.html




医師求人転職ドクタービジョン
転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!

常勤 全国の「女性医師にオススメ」医師求人特集を公開しました!
常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開しました!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開しました!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開しました!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しなら
ドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。
posted by 医師の求人転職コンサルタント at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

<医師おすすめニュース>8割が当直明けも通常勤務=医師、半数が健康不安−労組調査

 勤務医の8割が、当直明けの翌日も1日通常勤務をこなしていることが20日までに、労働組合「全国医師ユニオン」などの調査で分かった。半数が健康に不安を抱え、担当者は「医師不足による過重な負担が続いている」としている。

 調査は昨年6〜9月、日本医療労働組合連合会や関係学会を通じて勤務医にアンケートを呼び掛け、2108人から回答を得た。

 それによると、当直を行う勤務医の79.4%は、当直明けの翌日も1日勤務し、32時間以上連続で働いていた。全体の46.6%が健康状態に何らかの不安を感じると回答。最近辞めたいと思ったことがある人は61.7%に上った。 

参考:2013年7月22日
8割が当直明けも通常勤務=医師、半数が健康不安−労組調査 - WSJ.com
http://jp.wsj.com/article/JJ10799950944711923665417225610604081719754.html




医師求人転職ドクタービジョン
転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!

常勤 全国の「女性医師にオススメ」医師求人特集を公開しました!
常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開しました!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開しました!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開しました!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しなら
ドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。

posted by 医師の求人転職コンサルタント at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

<医師おすすめニュース>内視鏡手術を3D化…医師の頭部にディスプレー

 内視鏡による3次元(3D)映像を、複数の医師が頭部に装着したディスプレーに同時に映し出す手術システムを、東京医科歯科大の木原和徳教授(泌尿器科)とソニーが共同開発した。

 日本発の次世代の手術システムとして注目されそうだ。

 3D映画を見る自宅用の市販ディスプレーを活用。木原教授が考案したおなかに開けた2〜4センチの一つの穴から、内視鏡や手術器具を差し入れて行う「ミニマム創内視鏡下手術」に組み入れた。従来の映像ではわからなかった「深さ」が立体的に見えることで、体の深い場所にある血管や組織の手術もより安全で確実に行えるようになった。

 執刀医や助手、内視鏡を操作する医師がそれぞれディスプレーを装着して、映像を見ながら手術を行う。一つの大きなモニターの映像を見ながら行う通常の内視鏡手術と違い、顔を向け続ける必要がない。ディスプレーの下側は広く空いており、手元や手術台の患者の様子を確認できる。

参考:2013年6月22日
内視鏡手術を3D化…医師の頭部にディスプレー : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130622-OYT1T00580.htm



医師求人転職ドクタービジョン
転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!

常勤 全国の「女性医師にオススメ」医師求人特集を公開しました!
常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開しました!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開しました!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開しました!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しなら
ドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。
posted by 医師の求人転職コンサルタント at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

<医師おすすめニュース>医師養成数増やして 塩川氏 抑制方針撤回求める 衆院総務委

 日本共産党の塩川鉄也議員は4日の衆院総務委員会で、埼玉県議会が医学部新設方針を求める意見書を全会一致で採択するなど同県で医師増員を求める取り組みが広がっていることを取り上げ、政府の医学部新設抑制方針の撤回を求めました。

 塩川氏は、1982年の「行革」で医学部の定員抑制と新設を認可しない方針を決めたが、医師不足・地域医療の崩壊が社会問題となり、2008年から定員増へと転じざるをえなくなったことを指摘。

 人口10万人あたり医師数で埼玉県は全国最下位の142人と少なく、埼玉、千葉、茨城など人口あたりの医学部定員が少ない首都近郊の県で医師不足は深刻だと強調し、「医学部新設の抑制方針を改めるべきだ」と主張しました。

 新藤義孝総務相は「地域の実情等を踏まえたきめ細やかな対応をしていくべきだ。政府内で働きかけていきたい」と表明。文科省の山野智寛大臣官房審議官も「指摘の点も含めて、どういう政策がいいか検討していきたい」と答えました。

 塩川氏は、「医師抑制を図ってきた歴代政権の責任は極めて重大だ」と批判。医師養成数増加のために医学部新設に向けた国の対策を強く求めました。

参考:2013年6月11日
医師養成数増やして/塩川氏 抑制方針撤回求める/衆院総務委
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-06-11/2013061105_02_1.html





医師求人転職ドクタービジョン
転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!

常勤 全国の「女性医師にオススメ」医師求人特集を公開しました!
常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開しました!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開しました!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開しました!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しなら
ドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。

posted by 医師の求人転職コンサルタント at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。