2012年12月04日

【沖縄県】いじめ対応、医師・弁護士らチームで

 いじめが全国で社会問題になっていることを受け、県教育庁は3日までに、弁護士や医師、県教育委員会職員らでつくる「学校問題解決支援チーム」で、子どものいじめ、暴力などの問題行動の対応について協議する、年2回の定例会議を開くことを決めた。法律や医療的観点も含めて検証し、多角的な解決策を県教委や学校に示す。現場で対応に悩む教師の新たな支援策となりそうだ。本年度内にスタートする。

 チームが協議するのは、いじめの加害者・被害者が入れ替わって複雑化し、保護者間の確執にまで発展したり、けがをさせた場合の医療費に絡むトラブルなど学校内での収束が難しいケース。学校が必要とする場合は、緊急の開催も可能。解決策のマニュアル作成も検討する。

 同チームは2007年、多様化する保護者からの苦情に対し、学校の適切な対応を考える目的で発足。弁護士や警察、精神科医、大学教授、県教委職員など10人でつくり、保護者の苦情対応マニュアルを策定した。

 その後、学校から要望があった場合に会議を開く予定だったが、要望が上がらず、09年度以降は予算化されず、会議も開かれなかった。今回、定例化することにより、「学校現場が相談しやすくなる」(県教委)。

 文部科学省は9月に発表したいじめ問題の対応強化策で、「外部専門家の活用」を盛り込み、各都道府県教育委員会にも同様の取り組みを指示。これを受け、同庁は本年度から同チームの定例会議開催を決め、新たに予算を確保した。


参考:2012年12月4日
沖縄タイムス | いじめ対応、医師・弁護士らチームで
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-12-04_42359



■常勤 沖縄県の医師募集情報を[科目]で検索■
総合内科 一般内科 消化器内科 循環器内科 呼吸器内科 腎臓内科 人工透析科 内分泌内科 リウマチ科 神経内科 リハビリテーション科 老年内科 在宅・訪問診療 健診・検診 血液内科 アレルギー科 一般外科 消化器外科 心臓血管外科 呼吸器外科 脳神経外科 内分泌外科 乳腺外科 整形外科 形成外科 泌尿器科 産科 婦人科 小児科 精神科 心療内科 放射線科 麻酔科 救命救急科 病理科 眼科 耳鼻咽喉科 皮膚科 美容形成外科 美容皮膚科 総合診療科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 腫瘍内科 漢方内科 感染症内科 外科 肛門外科 産婦人科 女性外来 レディースクリニック 新生児科 緩和ケア ペインクリニック コンタクトレンズ診療 レーシック 美容科 
男性外来 歯科口腔外科



医師求人転職ドクタービジョン

転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!



常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開しました!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開しました!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開しました!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しならドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。

ドクタービジョン公式twitter
http://twitter.com/doctor_vision

ドクタービジョンFacebookページ
http://www.facebook.com/pages/Doctor-Vision/129887089618

ドクタービジョン医師 求人・ニュースtumblr
http://doctor-vision.tumblr.com/

<医師求人情報ブログ>
東京都(23区・西東京)の医師募集情報ブログ
神奈川県(横浜市・川崎市)の医師募集情報ブログ
埼玉県の医師募集情報ブログ


posted by 医師の求人転職コンサルタント at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

【沖縄県】宮古病院医師不足解消を/市、市議会 議長、副市長が県に要請

 平良隆市議会議長と長濱政治副市長は25日、県庁に与世田兼稔副知事を訪ね、現在、医師4人の欠員によって、内科新患外来が休止状態となっている宮古病院について、医師の確保を早急に行うよう要請した。平良議長が今月4日に市議会で可決した意見書を与世田副知事に手渡した。

 要請を受けた与世田副知事は「宮古島市の住民に不安を抱かせて誠に申し訳ない思いでいっぱいだ」と謝罪した上で、「次年度に向けて安定的な医師確保ができる配置の再構築に努力したい」と述べ、市民の安全と安心が守られる人材確保の体制づくりに取り組むことを約束した。

 要請書では、内科医不足の早期解消のほか、外来の呼吸器専門医の確保を求めている。

 これに対し、同席した伊江朝次病院事業局長は「常勤の呼吸器医師は病気から復帰したばかりなので、病棟の入院患者だけを診てもらい、外来の方は応援の医師で診ている状況にある」と同病院の診療体制を説明した上で、「年度の途中ですぐ対応するのは難しいので、県立病院間で何とか診療体制を損なわない形で継続したい。年度の途中でも候補者がいれば、出来るだけ早く配置したい」と述べた。

 長浜副市長は「呼吸器の新患外来を診てもらえないという難点がある。何とかできないか」と県の早期対応を求めた。

 これに伊江局長は「医師の過重な勤務を軽減する上でも民間病院との住み分けは必要だ。開業医と宮古病院が一致協力して、宮古島の医療が安定できる体制を作ってほしい」と述べ協力を求めた。

 副知事要請の後、一行は喜納昌春県議会議長に同主旨を要請した。要請には佐久本洋介氏、下地明氏、下地智氏の3市議と奥平一夫氏、座喜味一幸氏の市区選出2県議が同行した。


参考:2012年10月26日
宮古病院医師不足解消を/市、市議会 | 宮古毎日新聞社ホームページ -宮古島の最新ニュースが満載!-
http://www.miyakomainichi.com/2012/10/41691/



★ドクタービジョンの常勤 沖縄県の医師募集情報を科目で検索★
沖縄県、那覇エリアで常勤の転職募集情報をお探しの先生におすすめ致します。是非ご検討ください!

総合内科 一般内科 消化器内科 循環器内科 呼吸器内科 腎臓内科 人工透析科 内分泌内科 リウマチ科 神経内科 リハビリテーション科 老年内科 在宅・訪問診療 健診・検診 血液内科 アレルギー科 一般外科 消化器外科 心臓血管外科 呼吸器外科 脳神経外科 内分泌外科 乳腺外科 整形外科 形成外科 泌尿器科 産科 婦人科 小児科 精神科 心療内科 放射線科 麻酔科 救命救急科 病理科 眼科 耳鼻咽喉科 皮膚科 美容形成外科 美容皮膚科 総合診療科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 腫瘍内科 漢方内科 感染症内科 外科 肛門外科 産婦人科 女性外来 レディースクリニック 新生児科 緩和ケア ペインクリニック コンタクトレンズ診療 レーシック 美容科 男性外来 歯科口腔外科


医師求人転職ドクタービジョン
常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開しました!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開しました!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開しました!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しならドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。

ドクタービジョン公式twitter
http://twitter.com/doctor_vision

ドクタービジョンFacebookページ
http://www.facebook.com/pages/Doctor-Vision/129887089618

ドクタービジョン医師 求人・ニュースtumblr
http://doctor-vision.tumblr.com/


<医師求人情報ブログ>
東京都(23区・西東京)の医師募集情報ブログ
神奈川県(横浜市・川崎市)の医師募集情報ブログ
埼玉県の医師募集情報ブログ

posted by 医師の求人転職コンサルタント at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

【沖縄県】「故郷に恩返ししたい」/鼠径ヘルニア専門医の嵩原医師 浦添同仁病院でオペ開始

【再告知】ドクタービジョン医師求人サイトにお仕事をお探しの先生に人気の求人特集を公開いたしました。
住宅手当、赴任手当有りの求人案件や、24h院内保育所完備、院長職の求人など幅広く取り揃えております。すぐに充足してしまうケースもございますので、気になる求人があった際は、お早めにお問い合わせください。

<医師求人特集>
⇒【特集】常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集


 【那覇支社】鼠径ヘルニア(脱腸)の手術で、患者の身体に過重な負担が掛からない手術、LPEC法を考案し開発した元徳島大学病院小児外科長の嵩原裕夫医師=宮古島市出身=が、今年5月から同仁病院(浦添市・山内英樹理事長)で診療と手術を開始し、話題となっている。嵩原医師は「故郷に恩返ししたいとの思いで、同郷の友人である山内理事長の病院で診療と手術を行うことになった」と経緯を話した。

 子どもの鼠径ヘルニアは男児に多い疾患で、無自覚も含めて小児全体の約3〜5%がかかるといわれている。病気が進行すれば腸閉塞を起こし、緊急手術を要する病気。宮古でも潜在的な患者数を含め約100人余の小児疾患があるものと見込まれている。

 嵩原医師が開発したLPEC法は内視鏡と特殊な針を用いて行う手術で1995年からスタートした。切開の必要がなく、現在では全国各地の小児外科で取り入れられている。手術時間は男児が15〜20分程度、女児が10〜15分程度で行える。

 嵩原医師は「同仁病院を拠点にして、沖縄の子供たちへ医療技術で奉仕したい。子どもに限らず、沖縄でのヘルニア治療のセンター的位置づけができれば幸い」と話した。また、「子どものヘルニアは先天的な病気なので放置して様子をみようと思わずに、できるだけ早い時期に手術を受けてほしい」と呼び掛けた。

 同仁病院の山内理事長は「私も外科医として素晴らしい手術で大きなメリットがあると考えている。ぜひ、沖縄での普及を目指してほしい」と喜んだ。

 現在、嵩原医師は徳島県の玉真病院附属鼠径ヘルニア治療研究所所長を務めており、同仁病院では第2、第4の金曜、土曜日に診療と手術を行っている。問い合わせは同仁病院。電話098-876-2212。

参考:2012年7月17日
「故郷に恩返ししたい」/鼠径ヘルニア専門医の嵩原医師 | 宮古毎日新聞社ホームページ -宮古島の最新ニュースが満載!-
http://www.miyakomainichi.com/2012/07/37131/


医師求人転職ドクタービジョン

転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!


常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しならドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。

ドクタービジョン公式twitter
http://twitter.com/doctor_vision

ドクタービジョンFacebookページ
http://www.facebook.com/pages/Doctor-Vision/129887089618

ドクタービジョン医師 求人・ニュースtumblr
http://doctor-vision.tumblr.com/
posted by 医師の求人転職コンサルタント at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

3月中旬以降の出産、石垣島外で 産婦人科医が不足

 【八重山】県立八重山病院の松本廣嗣院長は24日、同病院で会見し、4月から着任予定だった産婦人科医4人のうち、2人の赴任が7月ごろまで延期になったと発表した。2人態勢では帝王切開など危険な状況に対応できないため、代わりの医師が見つからない場合、基本的に出産は扱わないという。松本院長は「新たに医師を確保するのは困難」として、3月中旬以降の出産を予定している妊婦に島外出産を呼び掛ける。八重山で出産できるのは同病院だけで、住民や関係者に不安が広がった。

 現在勤務する産婦人科医4人は3月末で転勤することが決まっていた。同病院は後任の医師4人を確保していたが、そのうち中核となる指導医1人が個人の都合で7月まで赴任できないことが今月に入って分かった。指導医がいることを条件に八重山病院に派遣されることになっていた1人も連動して着任が延期された。

 同病院は妊婦に対し、(1)島外出身者は里帰り出産で島外に出ること(2)八重山出身者は里帰り出産で八重山に戻らないこと(3)島外の産婦人科を紹介してもらい、飛行機に乗れる妊娠36週までに出産できる地域に移動すること−を呼び掛ける。

 松本院長は「安全性を考えると問題が生じないような対応を取らざるを得ない」と、島外出産を呼び掛ける理由を説明。「産婦人科医は全国的に不足している。4月以降に新たに産婦人科医を確保するのは極めて困難だ」と述べ、窮状を訴えた。

 産婦人科医不足による診療制限への対応について県病院事業局は「できる限り早く県立病院全体の中で(支援の)態勢を検討していきたい」としている。



参考:2012年1月25日
3月中旬以降の出産、石垣島外で 産婦人科医が不足 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース



医師求人転職ドクタービジョン

常勤 東京近郊の「日勤常勤“当直なし”」求人特集を公開しました!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開しました!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しならドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。

ドクタービジョン公式twitter
http://twitter.com/doctor_vision

ドクタービジョンFacebookページ
http://www.facebook.com/pages/Doctor-Vision/129887089618

ドクタービジョン医師 求人・ニュースtumblr
http://doctor-vision.tumblr.com/
posted by 医師の求人転職コンサルタント at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

「地域医療を守ろう」 大城医師、母子保健定例会で講演

 名護市母子保健推進員の11月定例会が9日、労働福祉センターで開かれ、県立北部病院病理科の大城真理子医師による「地域を守ろう! お医者さんを守ろう!―地域医療の現状」と題した講演会があった。医師や看護師不足に悩まされる同病院や北部地域の医療の現状が伝えられ、参加した推進員らは真剣な表情で聞き入っていた。
 大城医師は(1)コンビニ受診を控えよう(2)かかりつけ医(2人主治医制)を持とう(3)お医者さんに感謝の気持ちを伝えよう―のテーマで講演した。
 北部病院の役割として、小さな診療所などで治療できない高度な医療を提供することを挙げ、入院や手術が必要な病気などは同病院で対応し、それ以外の軽度な症状の病気は診療所などで受診する機能分担の必要性を訴えた。同病院に患者が集中することで、平日から3、4時間待ちという事態が発生している状況もあるという。
 医師の現状は、少ない人数で入院患者から救急、外来までを診ている実態があるといい、「無理をしながら救急医療をやっている現状がある。医師も疲れて辞めていく人もおり、医師不足につながる悪循環もある」と説明した。
 その意味で休日や夜間に軽度の症状で救急外来を受診する「コンビニ受診」を控えることと、同病院での主治医のほかに地域の開業医などのかかりつけ医を持つ大切さを呼び掛けた。
 また、同病院ではがん治療など高度な医療を提供しているが、中には手術は中南部の大病院で受けるという患者もおり、「できないことももちろんあるが、北部でできることはここでやってほしい。このような状況が続くと北部で手術をすることができなくなる。地域の病院を自らいらなくしてしまう」と懸念を示した。
 そのほか、医者と患者も人間関係が大切だと話した。

2010年11月11日 琉球新報
posted by 医師の求人転職コンサルタント at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。