2013年05月10日

<医師おすすめニュース>人口比の医師数が少ない埼玉の救急医療が危機にひんしています。

日本で最も人口あたりの医師数が少ない埼玉県の救急医療が、危機にひんしています。
そのキーワードは、急激な高齢化で、現場を取材しました。

埼玉県の北側、人口66万人のエリアをカバーする埼玉県済生会栗橋病院がある。

この日、胃から大量出血を起こして救急搬送された高齢者に、消化器内科のチームが、カテーテルという管を動脈に入れていく。
熟練の医師にしかできない、高度な技術だという。
出血している血管部分にカテーテルが入り、高齢の患者は一命を取り留めた。
埼玉県済生会栗橋病院の外科・院長補佐の本田 宏医師は「(救急医療で)今、受け入れ不能、つまり担当医がちゅうちょする一番の理由は、昔であれば助からないような疾患が、タイムリーに専門医に治療してもらうと、助かる可能性が出てきているからなんですね」と話した。
肺の内部から、がんの組織を採取する気管支鏡検査。
操作するのは、呼吸器内科の寺西香織医師だった。

寺西香織医師は「おそらく、肺小細胞がんというものかなと思うんですけど、まずは組織を取って、何ものか調べてるって感じです」と話した。
通常勤務のあと、午後5時から、寺西医師は救急センターの夜間当直に入る。
病棟の看護スタッフとミーティングする寺西医師は、入院患者を診ながら、医師1人で救急患者に対応しなければならない。
肺炎による呼吸困難で搬送されてきた80代男性について、寺西医師は、CT画像に気になる影を見つけた。
寺西香織医師は「こっちにないこれ(影)が、胸水かなと」、「右側のお胸に、お水がたまっちゃってるんです。ちょっと、楽になるかもしれないので、今、お水抜きますね」、「大きく吸って、吐いて」と話した。
寺西医師は、通常では存在しない大量の黄色い胸水を、80代の男性から抜き取った。
今回の取材で明らかになった、栗橋病院に救急搬送された患者の年齢構成を見ると、60歳以上の割合が、5年間で実に4割も増加していた。
この変化が、救急医療の現場に大きな負担を与えているという。
本田 宏医師は「時間とマンパワーが必要なんですね、高齢者の方の治療には。高血圧を持っていたり、糖尿病を持っていたり。要は合併症をともなっていますので、同じ病名の手術をしても、高齢者の方の手術と若い人の手術は全く違います」と話した。
救急科専門医であれば、救急患者全般に対応できるが、全国に3,382人しかいない。
日本の人口あたりの救急科専門医の数は、アメリカの7分の1だという。
夜が明けてまもないころ、心肺停止状態で搬送されてきた80代の患者は、トイレで倒れているところを発見されたという。
気道の確保を試みる寺西医師だが、患者が息を吹き返すことはなかった。
命の終わりに向き合うことも、救急医療の現実である。
寺西香織医師は「ハードですね。悲しい機会も多いです。特に呼吸器は、そういう患者さんが多いので、よくそういう場面にはあいます」と話した。
急激な高齢化が進む日本。
国の在宅医療推進によって、終末期を自宅で迎える高齢者が増加し、救急搬送の急増につながったという指摘もある。
この夜、5件の救急搬送に対応した寺西医師は、そのまま通常勤務に戻った。
午後7時すぎ、胸の強い痛みで救急外来を訪れた60代男性を、当直明けだった寺西医師が診察していた。
寺西香織医師は「ちょっと痛いって、すごく危ないことで。肺炎って、痛くないんですよ」、「(じゃあ、がん?)違うと思います。ちょっとあの、入院したら、看護師さんもついてくれるので、眠れなさそうだったら教えてください」と話した。
寺西医師が仕事を終えたのは、午後10時を回っていた。
医師不足と高齢化によって深刻化する埼玉県の救急医療。
それは、日本の未来への警告なのかもしれない。

参考: 2013/5/10
人口比の医師数が少ない埼玉の救急医療が危機にひんしています(FNNニュース)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00245680.html




常勤「埼玉県(さいたま・大宮etc)の医師求人特集」を公開!


医師求人転職ドクタービジョン
転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!

常勤 全国の「女性医師にオススメ」医師求人特集を公開しました!
常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開しました!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開しました!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開しました!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しなら
ドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。

posted by 医師の求人転職コンサルタント at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 埼玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

【埼玉県】志木市民病院:小児科入院、今月で休止 当直医確保困難、2カ月早める /埼玉


 志木市民病院は12日、小児科の入院を今月いっぱいで休止すると発表した。非常勤医師が減り、当直医が確保できないことが理由という。当初は9月いっぱいの休止が検討されていたが、時期が2カ月早まった。

 市民病院は、入院が必要な患者については、独立行政法人国立病院機構埼玉病院やさいたま市民医療センターなどの2次救急医療機関に「病病連携」で受け入れを要請するとしているが、県は受け入れ先がすぐにみつかるかは厳しい見方をしている。

 県医療整備課によると、長沼明市長がこの日、県庁を訪れて、8月からの入院医療休止を告げたという。

 市民病院は、朝霞地区医師会と連携し、同病院が担当する小児に対する初期救急医療を提供する「小児救急医療地域連携事業」も同医師会に継続を要請したと説明した。

 しかし、同課は8月以降、県から医師を派遣したり、他医療機関の受け皿を見つけることは難しい見通しを明らかにしている。

 なお、市民病院は外来は従来通り診療を受け付ける。

参考:2012年7月13日
志木市民病院:小児科入院、今月で休止 当直医確保困難、2カ月早める /埼玉− 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20120713ddlk11040214000c.html




医師求人転職ドクタービジョン

転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!


常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しならドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。

ドクタービジョン公式twitter
http://twitter.com/doctor_vision

ドクタービジョンFacebookページ
http://www.facebook.com/pages/Doctor-Vision/129887089618

ドクタービジョン医師 求人・ニュースtumblr
http://doctor-vision.tumblr.com/

posted by 医師の求人転職コンサルタント at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 埼玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

【埼玉県】全小児科医が退職の意向 さいたま赤十字病院

 さいたま赤十字病院(さいたま市中央区)で、小児科の常勤医師4人全員が退職の意向を示し、小児科の対応が必要なハイリスク妊婦の新規受け入れや、小児科専門外来への新規紹介患者の受け入れを一時中止する事態に陥っている。同病院は早期に後任医師を確保したい考えだが、全国的に小児科医不足が深刻化する中、めどは立っていない。

 同病院によると、小児科の常勤医は現在4人で、全員が今夏から秋までの間に退職を希望。病院側は引き留めているが、全員退職する可能性が高いという。退職の理由は明らかにされていない。

 持病や高齢などで出産時に危険が伴う「ハイリスク妊婦」は、未熟児を出産する場合も多い。産婦人科だけでなく小児科の対応も必要となるため、当面はハイリスク妊婦の新規受け入れは困難と判断した。小児科専門外来への新規紹介患者についても、長期診療が必要な患者に迷惑が掛かるとして、受け入れを一時中止している。

 5月下旬にはホームページ上で患者らに現状を報告。同病院総務課の内田紹夫課長は「通常の外来や妊婦の受け入れは引き続き行っている。ハイリスク妊婦も状況によっては受け入れないわけではないが、なるべく別の病院を探していただく方がいいとお知らせしている。一日も早く元の体制に戻せるよう、医師の確保に全力を挙げたい」としている。

 同病院は昨年4月、県から重症の妊婦や新生児に高度医療を提供する「周産期母子医療センター」(県内10カ所)の認定を受けたばかり。県医療整備課は「病院からは医師の確保に努めていると聞いている。現時点では認定の取り消しは考えていないが、状況次第では対応を検討したい」と話している。

  小児科をめぐっては、志木市立市民病院でも3人の常勤医全員が退職を表明。10月以降の体制は決まっていない。


参考:2012年6月7日
全小児科医が退職の意向 さいたま赤十字病院
http://www.saitama-np.co.jp/news06/07/10.html


【特集告知】ドクタービジョン医師求人サイトに医師の皆様に人気の求人特集を公開しました。
住宅手当、赴任手当有りの求人案件や、24h院内保育所完備、院長職の求人など幅広く取り揃えております。すぐに充足してしまうケースもございますので、気になる求人があった際は、お早めにお問い合わせください。

<医師求人特集>
⇒【特集】常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集
⇒【特集】常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集



医師求人転職ドクタービジョン

転職をお考えの医師の皆様のよくあるご質問コンテンツを公開しました!


常勤/非常勤 全国の「高給与・高待遇」医師求人特集を公開しました!
常勤「東京都の“健診・検診・人間ドック”」医師求人特集を公開しました!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開しました!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しならドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。

ドクタービジョン公式twitter
http://twitter.com/doctor_vision

ドクタービジョンFacebookページ
http://www.facebook.com/pages/Doctor-Vision/129887089618

ドクタービジョン医師 求人・ニュースtumblr
http://doctor-vision.tumblr.com/

posted by 医師の求人転職コンサルタント at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 埼玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

「常勤医」で認識差 志木市民病院 小児科入院休止

 志木市が同市民病院の小児科の入院患者受け入れを4月から休止すると発表した問題で、上田知事が「(県から)常勤医を派遣することは制度上難しい」との見解を示したことを巡り、同市の長沼明市長は25日の記者会見で「県もいろいろな形で常勤医の医師確保について考えていると思っている」と述べ、引き続き県の協力に期待する意向を明らかにした。

 長沼市長は入院休止の発表後の18日、上田知事と会い、「県立小児医療センターの小児科医師を一定期間、常勤で市民病院に派遣いただきますよう、切にお願い申し上げます」との文書を手渡して医師派遣を依頼。「協力してくれる」との手応えを得ていたという。

 しかし、上田知事は、24日に近隣5市1町を代表して要望に訪れた新座、富士見両市の市長との会談で「(志木市の長沼市長には)非常勤の形で週に1日とか宿直するとかは可能かもしれないが、それ以上のことは難しいと言った」と説明。これに対し、長沼市長は記者会見で「私の認識はそういう理解ではなかった」とし、認識の相違を浮き彫りにした。

 市民病院を退職予定の3人の小児科医が今後働く意思を示している菅野病院(和光市)を含めた、朝霞地区の小児医療体制の在り方を話し合う検討会が26日に朝霞市内で予定されており、長沼市長は「差し支えなければ出席したい」との意向を示した。



参考:2012年1月26日
「常勤医」で認識差 : 埼玉 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)



医師求人転職ドクタービジョン

常勤 東京近郊の「日勤常勤“当直なし”」求人特集を公開しました!
「医師の年収・給与比較」コンテンツを公開しました!

非常勤/常勤 医師の求人、アルバイト情報をお探しならドクタービジョンにお任せください。
※お電話でのお問い合わせは、0120-14-5255までどうぞ。

ドクタービジョン公式twitter
http://twitter.com/doctor_vision

ドクタービジョンFacebookページ
http://www.facebook.com/pages/Doctor-Vision/129887089618

ドクタービジョン医師 求人・ニュースtumblr
http://doctor-vision.tumblr.com/



posted by 医師の求人転職コンサルタント at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 医師 埼玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

突然の閉鎖方針、県が調査 岩槻脳神経外科病院

突然の閉鎖方針、県が調査  岩槻脳神経外科病院




「救急病院」指定解除も

 医療法人社団「双樹会」(宗像克治理事長)が経営するさいたま市岩槻区の「岩槻脳神経外科病院」が、患者らに十分周知しないまま病棟の一時閉鎖などを打ち出した問題で、県は5日、実態調査を始めた。調査の結果、救急病院としての要件を満たさないと判断した場合は、救急病院の指定を外す方針だ。

 県によると、同病院は、県知事の認定を受け救急病院に指定されている。現時点で同病院から県に対し、指定撤回の届けは出ていない。

 同病院は4日、さいたま市や医師会などに、病棟を5日に一時閉鎖するなどの方針を伝えていた。

 病院には5日、説明を求める患者らが詰めかけた。春日部市南中曽根の男性(66)は、「先月に診察の予約を入れた際、閉鎖について何も言われなかった」と語った。さいたま市岩槻区の男性(62)は、「受付で『明日閉鎖になるかもしれない』と言われたが、紹介状はもらえなかった。休診や閉鎖について張り紙すらないのはおかしい」と憤っていた。

 この問題に関し、さいたま市は「人の命を預かる医療機関として、突然閉鎖することは極めて問題だ。医師会や近隣の病院に、患者受け入れなどの協力を求めていく」としている。




2010年1月6日 読売新聞



posted by 医師の求人転職コンサルタント at 11:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 医師 埼玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。